グリル用魚トングで美しい盛り付けを!フィッシュグリルトング

フィッシュグリルトング

美味しく、ヘルシーなお料理といえば魚料理ですよね!

若い頃は魚に興味が無かったという方も、年齢と共にあのさっぱりと味わい深い風味に、徐々に心惹かれるようになっていくといいます。

煮魚にお刺身、てんぷらなど、魚には様々な調理法がありますが、そんなお魚料理の中でも、

焼き魚は非常にシンプルでありながらも、魚が本来持つ旨味を引き出すことが出来るとして、好まれる方の多い調理法です。

しかしながら、内臓を取って、塩を振るだけという簡単な工程の最後にやってくる「盛り付け」は意外に難しく、

網などから外す際に身が崩れてしまいグチャグチャになってしまった・・・こんな失敗も少なくないのではないでしょうか。

本日は、焼き魚についてそんなお悩みをお持ちの方におすすめのグリル用魚トング「フィッシュグリルトング」のご紹介です。

画像 フィッシュグリルトング

こちらの商品、焼き魚専用に開発されたトングとなっており、一流料理人の意見等を参考に、焼き魚の身の崩れを防止するべく、様々な工夫が凝らされているとのこと。

その素晴らしい使い心地を実現する秘密の一つは、絶妙なカーブを描くトングの先端部分と

外側に折られた爪にあり、これらの特殊構造パーツが魚を優しく、包み込むように掴み上げてくれのです。

これにより、脆い焼き魚の表面を傷つけることなく、均等な力で魚をリフトすることが出来ますから、通常の方法では崩れてしまう身も、美しく盛り付けることが可能となります。

手軽に美味しく楽しめるお料理だからこそ見た目にもこだわりたい・・・!

んな願いを叶えてくれる「フィッシュグリルトング」で、最高の焼き魚を召し上がってはみませんか?

フィッシュグリルトング2

身くずれを防止するフィッシュグリルトングについて

最近、お魚料理に凝っている管理人。

もともと、釣りは大好きだったので、食べられる魚を釣り上げた際は必ず持ち帰り、食べるようにしていましたが、

それ以外で魚を調理することは、殆どありませんでした。

しかし年齢のせいか、ここ最近では妙に魚が食べたくなってしまい、買い物の時に購入してくることもしばしば。

食べ方としてはお刺身が好きなのですが、値段も高いため、焼き魚にすることが一番多くなっています。

しかし、魚焼きグリルから取り出す際の身崩れは、かなり激しく、余りのボロボロ加減に食欲が減退してしまうこともありました。

そんな時に見つけたのが、グリル用魚トング「フィッシュグリルトング」であり、

焼き魚をふんわり、しっかりとキャッチして、身崩れ知らずの盛り付けが行えるのは非常にありがたいです。

amazonフィッシュグリルトング

アーネスト フィッシュグリルトング

 

 

フィッシュグリルトング3

 

煮魚用におさかなキャッチャーも如何ですか?

おさかなキャッチャー

私たちが日々、元気な活動や生活を続けていくのには、多くの栄養素が必要であるとされています。

もちろん、野菜などから摂取するビタミンやミネラルも非常に大切な成分となりますが、

肉などに含まれる動物性のタンパク質もその有効性が見直されつつあり、出来ることなら毎日でも摂取するべき栄養素とされているのです。

ところがこの動物性タンパク、お肉から摂取するのも結構なことなのですが、多くの栄養を含む以上にカロリーが高く、体重を落としたいという方には、なかなか存分に食べることの出来ないという側面を有しています。

そこで出番となるのが、美味しく、ヘルシーな健康食材「お魚」ということになるでしょう。

さっぱり食べられお刺身も絶品ですが、焼き魚、煮魚なども捨て難い調理法であり、こちらも捨て難いものがあります。

しかしながら、これら火を使用するお料理は、魚の身が崩れやすく「出来上がったらもうボロボロ。。。」、こんな経験をされた方も少なくない筈です。

そこで本日ご紹介したいのが、こちらの商品です。

画像 おさかなキャッチャー

こちらの「おさかなキャッチャー」は、身離れしやすいお魚を上手に掴むべく開発されたアイデア商品であり、その高いスペックから、プロの料理人にまでも愛されている優れものなのです。

一見、通常のトングのようにも見えますが、その先端は魚を崩さぬためのソフトな素材と、圧力を分散するための広い表面積を有しておりますから、

「まるで手で優しく掴むようなソフトなタッチ」を見事に再現しており、白身で皮の薄い魚なども身を崩すことなく、盛り付けを行うことが出来るという訳なのです。

これならば見た目も味も素敵なお魚料理を、ご家族やお客様に御出しすることが可能となりますよね。

「煮魚は見た目がグチャグチャになるから・・・」という苦手意識を払拭してくれる、お魚料理のリーサルウエポン「おさかなキャッチャー」で、極上の焼き魚に挑戦してはみませんか?

おさかなキャッチャー2

煮魚に便利な、おさかなキャッチャーについて

如何にもお肉の好きそうな見た目ながら、実は魚料理も大好物な管理人。(もちろん肉も大好きですけど)

一番好きな調理法はお刺身なのですが、鯖の味噌煮や銀ダラの煮つけなども時々、無性に食べたいサイクルがやって行きます。

しかしながら、あまり箸の扱いが上手くない私的には、調理を終えてお皿に移す際、元がなんの生物であったかも判別出来ない程に、お魚をバラバラにしてしまうのです。

もちろん自分で食べる時には大した問題ではないのですが、友人が遊びに来た時には、なるべく煮魚を出さないようにしていました。

しかし先日、高級魚である「ハタハタ」を生のまま手土産として持って来た方がおり、やむなく調理したところ、はやり想像通りの切ない結果を迎えてしまったのです。

そこでリベンジを果たすべく見つけ出したのが煮魚の身崩れ防止に最適な「おさかなキャッチャー」であり、購入後は美しい煮魚を客人に振る舞うことが出来るようになりました・・・。

皆様にもこの素晴らしい使い勝手を、是非とも味わって頂きたいと思います。

おさかなキャッチャー3

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめブログランキング様!

アクセスカウンター

  • 67028総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
  • 39昨日の閲覧数:
  • 33今日の訪問者数:
  • 31昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ