泥や水も吸い込むタフな掃除機!コードレスウェット&ドライクリーナー

ドライクリーナー

お掃除の際、手を焼くのが泥などの水気を含んだ汚れですよね。

屋外のものならばホースで流すといった手段が使えますが、

窓のレール部分や、玄関タイルに付いてしまった泥はどうすることもできません。

近年では、サイクロン式など、強力吸引力を売りにしている掃除機も数多く販売されてはおりますが、

流石に泥や水などには対応しておらず、地道に雑巾でお掃除をしている・・・そんな方も少なくないことと思います。

また、小さなお子様がおられるご家庭では、食事の際に食べ物や飲み物を床に落としてしまう・・・といった事態も

珍しくはないはずですから、水気を含んだ汚れ掃除の方法は、是非とも確立しておきたいところではありますよね。

そこで本日ご紹介したいのがこちらの「コードレスウェット&ドライクリーナー」です。

画像 コードレスウェット&ドライクリーナー

一見、通常のハンディー掃除機に見えるこちらの商品ですが、

実はその強力な吸引力と、液体をも吸い取ることが可能な、対水能力で、

現在各方面から注目を集めている便利お掃除グッズなのです。

これならば、たっぷりと水気を含んだ食べこぼしや、床にこぼれた液体、台風で侵入して来た水や泥なども

グングン除去できますから、お掃除の手間を効果的に減らすことができますよね。

咄嗟の場合から、大掃除の際まで様々なシーンでお役立て頂ける本品は、

忙しい方のハウスキーピンに抜群の威力を発揮してくれるのではないでしょうか?

強力な吸引力と対水性能のお掃除に革命を起こす泥・水対応掃除機コードレスウェット&ドライクリーナーで、美しいお部屋を目指してはみませんか?

ドライクリーナー2

水を吸い込む掃除機コードレスウェット&ドライクリーナーについて

生まれながらに、そそっかしい性格の持ち主である管理人。

いい年をして情けないお話なのですが、よく飲み物や食べ物をこぼしたりします。

皆様も同じではあるかと思いますが、こんな緊急事態には、

とりあえずティッシュを大量投入した上、雑巾などでお掃除。

それでも不足であるならば、アルコールティッシュなどで仕上げという処理を行わなければなりません。

しかしながらこうした作業、テッシュやキッチンペーパーを無駄に浪費する上、

雑巾などもデロデロになってしまい、正直、効率の良い作業とは言えないですよね・・・。

そんな時に発見したのが泥・水も吸い込むタフな掃除機、コードレスウェット&ドライクリーナーであり、

水さえも吸引してしまう驚異的なお掃除効力は正に秀逸。

現在では、味噌汁などを床にブチ撒いても、慌てず騒がず、

落ち着いて掃除機を掛けるというのが定番になっております。

小さなお子さんがおられる家庭などでは、一台あると、とても便利なのではないでしょうか?

amazonドライクリーナー

FUKAI 充電式ウェット&ドライハンディークリーナー FC-800

 

 

ドライクリーナー3

 

便利コードレス掃除機も一緒に如何ですか?

コードレス掃除機

ついつい億劫になってしまいがちな、お部屋の掃除機掛け。

収納から掃除機を取り出してコードを繋ぎ、部屋を移動する際には、また持ち上げる!

これは想像するだけでも、明日にお掃除を延期したくなる要素が一杯ですよね。

お部屋を綺麗に保つコツは小まめな清掃が一番と言われていますから、

こうした考えるだけでも掃除が面倒になってしまう作業を簡素化させることこそ、最も重要な事柄と言えそうですよね。

そこで本日ご紹介したいのがこちらの「コードレス掃除機 ISC-7DCE」です。

画像 ISC-7DCE

こちらの商品、デザイン性に非常に優れたコードレスタイプの掃除機となっており

そのコンパクトなデザインと、コードレス掃除機とは思えない高いスペックで好評を博している売れ筋商品なのです。

スマート且つコンパクトなデザインはお部屋の中に保管していても、お部屋の美観を損なうことはありませんし

高い吸引力と超寿命のバッテリーは正にコードレス掃除機の革命ともいえる性能を実現しているのです。

また、バッテリーは予備と二本同時の充電が可能ですので、

バッテリー切れのストレスからもあなたを解放してくれるはずです。

後回しにしたかった掃除機掛けを快適なものとし、美しきお部屋を実現してはみませんか?

コードレス掃除機2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめブログランキング様!

アクセスカウンター

  • 64500総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 15昨日の閲覧数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 15昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ