保温調理カバー「ほっとクック」で余熱調理に挑戦しよう!

保温調理カバー

じっくりと時間を掛けての美味しい煮込み料理!

コトコトと愛情と時間を掛けて煮込まれたお料理は、その食味はもちろん、心まで温めてくれるハートフルな逸品ですよね。

味付けを除けば、調理手順としては非常に簡単な煮込み料理ですが、最も重要とされているのは「煮込み時間」と言われており、

8時間煮込んだ・・・3日間煮込んだ・・・など、レストランなどでは、その煮込み時間の長さを売りにする店も多く、

自宅で調理する際もなるべくじっくり、コトコトと長時間の煮込みを行いたいところです。

しかしながら、長い調理時間を掛けての煮込みは、噴きこぼれや焦げ付きのリスクを伴いますし、光熱費も嵩んでしまいますよね。

そこで本日ご紹介したいのが保温調理カバー「ほっとクック」です。

画像 ほっとクック

見た目、まるで鍋のカバーといった趣のこちらの商品ですが、実はある程度まで直火で煮込んだ鍋をスッポリと包み込むことにより、

その余熱をしっかりとキープして、煮込み料理を美味しく仕上げてくれるという、優れものなのです。

これならば、焦げ付きや噴きこぼれの心配もありませんし、光熱費も大幅に削減出来るはず。

また常に火加減を見張る必要もありませんから、「他にやることがあるから、今日は煮込みを止めておこう・・・」など

ということにもなりませんから、煮込み料理をより身近なものにすることが出来ますよね。

目の離せない煮込み料理を「ほっとクック 保温調理カバー」で安全・エコに調理して、

余った時間に素敵なティータイムをエンジョイしてみては如何でしょうか?

保温調理カバー2

余熱調理を可能にする「ほっとクック」について

とろりと蕩ける豚の角煮・・・そんな煮込み料理に目がない管理人。

時間のある休日などは、朝からカレーなどを煮込んで、夕食に味わうことも多いのですが、いくら時間があるとはいっても所詮はしがないサラリーマン。

掃除に洗濯、お買いものにと、意外にやることは多く、時間をじっくりと掛けての煮込み料理は、なかなか出来ないことが多いのです。

また、宅急便などの不意の来客の際も、鍋が噴きこぼれていないか・・・などの心配もあり、もう少し快適な調理方法はないものかと頭を悩ませておりました。

そんな際に見つけたのが余熱調理器具、ほっとクック保温調理カバーであり、しばらく煮込んだ後は、

完全な放置プレイが可能となることにより、より満足のいく煮込みを行うことが出来るようになりました。

あなたも美味しい煮込み料理に挑戦してみては如何でしょうか?

amazon保温調理カバー

保温調理 ほっとクック 大

 

 

保温調理カバー3

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめブログランキング様!

アクセスカウンター

  • 64469総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 15昨日の閲覧数:
  • 16今日の訪問者数:
  • 15昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ