温風・冷風切り替え扇風機! ウォーム&クール ブレードレスファン(羽なし)

ウォーム&クールブレードレスファン

 

商品の入れ替わりの激しさで有名なのが、家電業界であると言われています。

ついこの前まで目新しかった製品が、気が付くと無くなっていたり、あったら良いなと思っていたものが普通に売られていたりと、この業界は正に「生き馬の目を抜く競争社会」のようです。

また、これ程に商品の入れ替わりが激しいことに加えて、「一端廃れた商品が、再び脚光を浴びることが殆どない」という点もこの業界の特徴的と言えるしょう。

しかしながら、どこの世界にも例外は付き物。

この家電の世界にもそんな例外商品は確かに存在しており、その代表とされているのが扇風機なのです。

東日本大震災の後の節電風潮の中、改めて脚光を浴びることとなった扇風機は、それ以来、高い水準の売り上げを誇っており、リバイバル家電の「雄」として重宝されているとのこと。

それまでは時代遅れの家電というイメージであった扇風機ですが、消費電力が少なく、エアコンなどと併用すれば冷房効果はもちろん、空気の撹拌により、冬場の暖房効果も向上させることが出来るエコ家電として人気を博しているのです。

しかしながら扇風機は高速で回転する羽を持っているため、子供の指入れなどの事故が多発する上、冬場はいくら空気の循環とは言え、風が寒いといったご意見も良く耳に致します。

近年では某メーカーから羽を持たないタイプの扇風機が販売されましたが、その価格は非常に高く、「とてもじゃないけど手が出せない・・・」、こうした感想をお持ちの方も少なくはないはず。

「安全面等の問題を克服しつつ、よりリーズナブルな価格設定の商品が発売されないものか・・・」、そんな願いをお持ちの方に是非ともおすすめしたい商品がこちらの温風・冷風切り替え扇風機「ウォーム&クール ブレードレスファン (羽なし)」です。

画像 ウォーム&クールブレードレスファン

 

こちらの商品、某メーカーの製品と同様の「羽無し扇風機」でありながらも、その価格を大幅に抑えることに成功したという今話題の人気商品なのです。

また、夏用の冷風に加え、温かい風を送ることの出来る温風機能も装備しておりますので、冬場のエアコンやガスファンヒーターと併用すれば、サーキュレータ―としてより効果的にお部屋の中を隈なく温めることが可能となるはず。

なお、安価ながらも、「風量調整」、「風向調整」に「首振り機能」、そして「60分と120分のタイマー」と通常の扇風機以上の能力を有している上、

オレンジとブルー二種類の色が選べるそのデザインは大変にスタイリッシュなものとなっており、ご自宅用としてはもちろん、店舗やオフィス向けとしても高いニーズを獲得しているのです。

冷暖房費の圧縮・節電に、小さなお子様やお客様への安全対策にと、メリットの非常に多い家電系便利グッズ、冷風・温風対応羽無し扇風機「ウォーム&クール ブレードレスファン」で、一年を快適な環境の中で過ごしてみては如何でしょうか?

ウォーム&クールブレードレスファン2

 

ウォーム&クール ブレードレスファン 羽なし扇風機について

かなり暑がりな管理人は、これまで根っからのクーラー党であり、正直扇風機をバカにしていました。

しかし東日本大震災の年の夏、節電に協力しようと扇風機を購入して以来、「何月まで扇風機のみの使用で暑さに耐えられるか・・・」などという、これまでには考えられないような取組を行うようになっています。

また、眠る際の使用に関しては、クーラーより扇風機の方が体調的に楽な気もしますから、今では手放せないマスト家電となってしまいました。

ちなみに扇風機の風を浴びたまま寝ると死ぬとの噂がありますが、管理人は元気です。(医学的には噂ではなく事実らしいのですが)

なお、冬場の暖房効率向上のためにも扇風機を利用しようと思うのですが、やっぱり冬に扇風機をつけると、何やら寒くなるような気がして、一向に実行に移すことが出来ずにおりました。

そこで出会ったのが温風と冷風の切り替え自由自在なウォーム&クールブレードレスファン羽なし扇風機であり、暖かな風を利用して、冬場も快適に過ごせております。

友人が高額な某社の製品を使っておりますが、使い勝手は殆ど変らないとのことですから、これは是非おすすめの商品かと思います!

amazonウォーム&クールブレードレスファン

ウォーム&クールブレードレスファン (オレンジ)

 

 

ウォーム&クールブレードレスファン3

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめブログランキング様!

アクセスカウンター

  • 60031総閲覧数:
  • 39今日の閲覧数:
  • 18昨日の閲覧数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 17昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ