便利な離乳食用食器!OXO Tot フタ付フィーディングディッシュ

フィーディングディッシュ

 

何者にも代えがたい大切なものと言えば、それは愛しき我が子ですよね!

愛するお子様がスクスクと育っていく姿は、母親にとってはもちろん、父親にとっても無上の喜びを感じる瞬間のはずです。

しかしながら、どんなに愛していても、育児は大変な重労働であることに変わりはなく、ついイラッとなって語気を荒げてしまう・・・、こんな経験、誰にでも一度はあるかと思います。

そんな際に非常に有効な解決策となるのが、アイデアグッズなどを利用して「実質の労力を減少させる」という方法であり、こうした点に着目した企業からは、既に数多くの子育て系アイデアグッズが発売されていますよね。

また、一言に「育児系アイデアグッズ」といってもその種類は膨大な数に及んでおり、おむつ替えの補助から始まり、抱っこサポートに、おんぶ紐、体調不良時のケア用品など、その枚挙に暇がありませんが、

実際に育児を行っている方にご意見を伺うと、「赤ちゃんの食事に関する作業」について最もストレスを強く感じておられる方が多い様で、食事に関する便利グッズは特に高い人気を博している模様。

確かに、ご機嫌次第でご飯を食べてくれなかったり、食べ終わるのに時間が掛かったりと、その「気ままな食事ぶり」にはイラッとくることも無理はないように思えます。

また、離乳食を作るのも手間が掛かりますし、お口に運ぶのも、子供用スプーンは非常に扱い辛く、こぼしまくってしまうことだってありますよね。

そこで本日は、管理人おすすめの離乳食用食器「OXO Tot フタ付フィーディングディッシュ」のご紹介です。

画像 フタ付フィーディングディッシュ

 

こちらの商品、お子様に離乳食を食べさせる際に大変重宝する便利アイテムであり、多くのお母様、お父様が高い支持を集めている逸品なのです。

一見通常のタッパーのように見えますが、その細部には様々な工夫が凝らされており、スプーンですくいやすく、余分な離乳食をすり切るのに便利なリング構造に、

2種類の食品を同時に保管できる仕切りなど、正に「かゆい所に手が届く」思いやりいっぱいの設計となっているのが特徴。

また、洗浄に際しては分解が可能ですので、隅々までしっかりとお手入れが行き渡りますし、漂白剤の使用、電子レンジの使用にも耐えられ設計となっておりますので、これば大変重宝しますよね。

また、多くの親御さんからご要望を頂いた「保存に便利な蓋」も備えておりますので、食べの残しをそのまま冷蔵庫で保管出来るなど、本品一つで離乳食に関する作業をかなり圧縮出来るはずです。

余計な労力を少しでも省き、多忙な子育てを賢くこなせる便利グッズ「OXO Tot フタ付フィーディングディッシュ」で、ストレスの少ない育児を実現してはみませんか?

フィーディングディッシュ2

 

赤ちゃんのお食事を快適に!フタ付フィーディングディッシュについて

これは決して自慢ではないのですが、管理人はとんでもない「不器用さん」です。

子供の頃からプラモデルを完成させたことはないし、塗り絵もはみ出しまくりという、困った性分の持ち主でした。

そんな人間だからこそ、少しでも快適な生活を目指して、便利グッズの収集を始めてしまったりする訳です。

こうした自分のキャラを重々承知していますから、繊細な作業を請け負うのはなるべく避けているつもりなののですが、先日、「友人の子供に離乳食を食べさせなければならない」というピンチな状況に陥ってしまいます。

決して子供が嫌いな訳ではないのですが、「こんなに不器用な人間」が、あんなに繊細な赤子にご飯を食べさせるなんて、『チンパンジーに核ミサイルのボタンの掃除を頼むようなもの』と、かなり狼狽してしまいました。

非常にびびりながら挑戦したのですが、あれっ?意外に簡単。

実はその際に、親御さんから手渡されたのが、本日ご紹介の便利グッズ「OXO Tot フタ付フィーディングディッシュ」だったのです。

確かに私の様な者でも、スマートに食事を与えることが出来ますから、忙しいお母さんやお父さんには、ご重宝頂けるのではないでしょうか。

この機会に、おすすめの離乳食用食器を是非ともお試し下さい!

amazonフィーディングディッシュ

OXO Totフタ付フィーディングディッシュ(アクア) 【お食事】【おやつ】【離乳食】 FDOX6113800

 

 

フィーディングディッシュ3

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめブログランキング様!

アクセスカウンター

  • 64469総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 15昨日の閲覧数:
  • 16今日の訪問者数:
  • 15昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ