書きやすいシャーペンなら、クルトガがおすすめ!

クルトガ

勉強やお仕事に欠かせないアイテムと言えば、シャープペンシルではないしょうか。

消せるボールペンなどが大人気の昨今でも、下書きなど「はやはりシャープペンシル!」という方も少なくないことと思います。

また若い方の中には、鉛筆を使ったことはなく、学校に行き始めてからずっとシャープペンシルで勉強してきたという方も少なくないようです。

確かに鉛筆に比べれば、削る手間はない上、近年では書き心地も向上して来てはいますが、

どうしても書いている内に書き心地が落ちてくるという、芯の削れに伴う現象に、今なお悩まされている方も多いはず。

鉛筆世代からすれば、非常に便利になったシャーペンですが、「もう一歩進歩して頂きたい!」そんな願いをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで本日ご紹介したいのが、最強に書きやすいシャーペン「クルトガ」です。

画像 クルトガ

一見、通常のシャープペンシルと変わりなく見えるこちらのペンですが、実はその中身は、驚くべき進化を遂げているニュータイプシャープペンシルなのです。

細いボディーの内部には、書きながら芯を回転させるという機工が備えられており、普通に字を書いているだけでも、「常にとがった部分で書き続けることが可能」という凄技ペンなのです。

これならば「何時でも最高の状態での筆記が可能」ということで、学生を中心に今、大変人気を博している一品となっているとのこと。

美しい文字で綴られたノートは勉強や仕事のモチベーションもアップしてくれますし、他人にメモ書きなどをする時にも、互いに気分の良いものですよね!

是非この機会に新型シャープペンシル「クルトガ」をお試し頂きたい!

疲れず、書き心地最高のクルトガについて

自分で言うのもアレなのですが、管理人は非常に字が汚いです。

乱筆、下手くそというよりは、まるで小学生のように角ばった字を書くクセがあり、

会社に入った当初こそ、上司にも注意されていたのですが、今や誰も叱ってもくれない状態に。

何度かペン習字などもやってみたのですが、ちょっと字が上手い小学生レベルにしか成長出来ず、現在も地道に小学生をしています。

そんな時に気付いたのが、ペン先の太いペン程に字が汚く見えるということ。

確かに細いペン先で書いていると、自分的に幾分マシな字が書けるのですが、シャーペンでさえ書いてる内に徐々に線が太くなってしまいます。

そんな折、書き心地抜群のシャープペンシルとして評判のクルトガを購入してみたのですが、

こちらは常に極細の字が書け、非常に重宝しております!

書く機会が多い方はもちろん、字が下手で悩んでいる方も、是非一度お試し頂ければと思います!

amazonクルトガ

【三菱鉛筆】クルトガ シャープペン 0.5mm芯 M5-450 シルバー

 

 

クルトガ2

 

芯出しが超簡単なオルノも一緒に如何ですか?

仕事に勉強にと、使用する機会の多いのがシャープペンシルですよね。

鉛筆の消しやすさと、ノック一つで芯を出せる機能性は、正に一度使えば手放せない使い心地と言えるでしょう。

しかしながら、そんなに便利なシャープペンシルでも、試験などで急ぎの際には、芯が何度も折れてしまい、イライラしてしまった。。。そんな経験はございませんでしょうか?

そこで本日ご紹介したいのがこちらの「オルノ」です。

画像 オルノ

こちらの商品、ペンのボディーを「く」の字に折り曲げることにより、芯を出すことが出来るという、

新機構を搭載したシャープペンシルとなり、テストや速記の際に大変重宝するアイデアグッズなのです。

これならば、何度芯が折れても素早く芯の供給が可能ですから、時間をロスすることもありませんよね。

また、書きながら芯が短くなって来たな・・・と感じた際には、手を止めることなく芯を出すことが可能ですから、

文章などを書いている際に、流れを止めないで済むのも人気の秘訣となっているようです。

失敗が許されない状況だかこそ、万全の状態で臨みたい!

受験生やビジネスマンの切なる願いを叶えくれる便利ペンシル「オルノ」で、ライバル達に差をつけてしまいましょう!

オルノ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめブログランキング様!

アクセスカウンター

  • 71345総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 22昨日の閲覧数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 22昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ