パンチ穴補強シール「ワンタッチスタンプ」で保管書類を守れ!

ワンタッチスタンプ

保管用の書類などを綴る際、パンチにて穴を空け、綴り紐や二穴のバインダーに収めている。

今なお、こうした書類保管方法を採られている企業様も数多いことと思います。

高性能なスキャナーが出回っていても、やはり紙媒体で残したい、こうした考えに基づけば、

パンチで穴を開け、保管庫にしまっておくという保存方法は、最も効率的な手段と言うことが出来るでしょう。

しかしながら、長期の保存や、頻繁に書類の出し入れを行うと、パンチ穴の部分から用紙が切れてしまい、

いざという時に、肝心な部分の書類が脱落している・・・なんてトラブルもあり得ない話ではありませんよね。

これでは折角、貴重なスペースを消費して書類を保管している意味が無くなってしまいますよね。

こんな際、役に立つのがパンチ穴補強シール「ワンタッチスタンプ」です。

画像 ワンタッチスタンプ

こちらの商品、紙の劣化と共に千切れてしまったりと、劣化の一途を辿るパンチ穴を、

ワンタッチの作業にて、強力に補強することが出来るというアイデア商品なのです。

これまでもパンチ穴を補強する商品が発売されていましたが、取り付け、設置に手間が掛かるなど、その評判は今一つのものでした。

その点、こちらの商品は、まるでシャチハタ印を押すようにワンタッチの作業で、

簡単、確実に用紙を保護してくれますので、忙しい業務の間でもストレスなく作業を行うことが出来るのです。

これならば、大切な書類のパンチ穴が切れてしまい、脱落してしまった等のトラブルも、回避できますよね!

パンチ穴をしっかりガードする便利グッズ「ビニールパッチホルダー ワンタッチスタンプ」で重要書類を丁寧に保管しましょう!

保管書類を守るワンタッチスタンプについて

年配の従業員が多い職場に勤める管理人。

未だにアナログ派の方が多いため、書類の保管は、昔ながらのパンチ穴を開けて、ファイルに綴じ込むという方法で行っております。

前時代的とも言われてしまいそうですが、意外にこの方法、データでバックアップを取るよりも、情報の引き出しが用意であったりと、

場所を取るという点さえ許容出来るのであれば、非常に有効な方法であると思います。

ただ、厄介なのが古く劣化した書類となると、パンチ穴が切れており、ファイルを開けた瞬間に床に落ちてしまったり、

気が付かない内に切れた書類が脱落し、紛失してしまうリスクもあるという点。

そこで見つけたのがパンチ穴補強シール・ワンタッチスタンプであり、ポンっと一押しで穴の補強が出来るのは、非常に便利です!

セロテープなどで補強されている方!こちらが絶対におすすめですよ!

amazonワンタッチスタンプ

コクヨ ワンパッチスタンプ 青 タ-PSM10NB

 

 

ワンタッチスタンプ2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめブログランキング様!

アクセスカウンター

  • 69239総閲覧数:
  • 22今日の閲覧数:
  • 13昨日の閲覧数:
  • 21今日の訪問者数:
  • 13昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ