カセットガスヒーター室内用で快適な冬を過ごそう!

カセットガスヒーター

身体の芯が凍えるような冬の朝!こんな日は一時たりともストーブの側を離れたくありませんよね。

しかしながら、トイレや洗面所にストーブを置いている家庭は少ない上に、置きたくとも、コンセントに空きはない。。。こうした事情で、温かさを諦めている方も多いのではないでしょうか。

寒さなど気合で我慢していれば・・・とお考えの方もおられるかもしれませんが、ご高齢の方ともなれば、強烈な寒暖の差に身体が耐え切れずに、

ヒートショック現象(症候群)と呼ばれる、心臓発作を起こす可能性もあり、命に係わる状況となってしまうことさえあるのです。

あの場所にさえ暖房設備があれば、家族を失わずに済んだのに・・・そんな後悔だけは絶対に避けたいですよね。

そこで是非ともお勧めしたいのが、カセットガスヒーター室内用・ミセスヒート イヴです。

画像 カセットガスヒーター

こちらの商品、カセットボンベイを使用することが出来るポータブルヒーターとなっており、コンセントの空きがない部屋へも片手で持ち運ぶことが出来るという優れものなのです。

これまでもアウトドア用のボンベ式ストーブは販売されていましたが、一酸化炭素中毒などを引き起こすとして、室内での使用が禁止されているものが殆どでした。

その点、こちらの商品は室内用でも使用できる設計となっている上、ガス漏れ防止機能や転倒時消火機能などの安全対策も充実させたものとなっているのです。

また一本のボンベで3時間~4時間の使用が可能ですし、電気等の動力は一切使用しませんので、災害対策としても重宝して頂けるはずです。

ボンベ一本で暖がとれる夢の暖房機、「カセットガスヒーター ミセスヒート イヴ」でポカポカ、快適な冬の朝を迎えてはみませんか?

停電時にも役立つカセットガスヒーターについて

東日本大震災の折、自宅が計画停電のエリアに含まれてしまった管理人。

春先とは言え、かなり寒い時期でしたので、停電中の寒さ対策に頭を悩ましていました。

石油ファンヒーターなども考えたのですが、主動力は灯油ながら、電気の供給が停止すると、使用が出来ないとのこと。

仕方なく昔ながらの石油ストーブを購入しようとしたのですが、量販店では全て売り切れ・・・。

そこで思い付いたのが、アウトドア用に持っていたカセットコンロストーブだったのですが、説明書を見てみると、室内での使用は厳禁とのことなので、布団を被って震えて過ごすことになってしまいました。

余りに悔しかったので、探し当てたのが停電時も安心の屋内用カセットガスヒーターであり、

これさえあれば、あの時寒い思いをしないで済んだのに・・・悔しい思いをしました。

災害対策にも非常に役立ちますし、想像以上の暖かさがなによりの魅力です!

amazonカセットガスヒーター

ニチネン(NITINEN) カセットボンベ式ガスヒーター ミセスヒート イヴ(屋内専用) KH-013

 

 

カセットガスヒーター3

 

アウトドア専用のハンディガスヒーターワームも一緒に如何ですか?

ハンディガスヒーターワーム2

冬場の災害を想定しての対策を行う際、最も頭を悩ませてしまうの問題が暖房の確保ではないでしょうか。

暖房器具の殆どが電気の力を必要とする上、石油ストーブ等その他の燃料で稼働する物は重量が重く、災害時ともなれば燃料の確保が難しい物ばかりです。

時には人の命さえ危険に曝す、寒さへの対策を行わずして災害に備えているということは出来ませんよね。

そこで本日ご紹介したいのが、カセットコンロ用のボンベを暖房として利用できるこちらの「ハンディガスヒーター ワーム2」です。

画像 ハンディガスヒーター ワーム2

こちらの商品、鍋料理などに利用するカセットコンロ用のガスボンベ2本をセットすることにより、どのような場所でもガスストーブの暖かさを確保することが出来るという優れものなのです。

ボンベが満タンの状態であれば10時間もの間、暖をとることが出来る上、火力、角度の調整も自由自在。

また、重量は僅か約2kgと非常に軽い設計となっておりますので、避難の際にも荷物になりませんし、ボンベ一本での使用も可能であるという点も嬉しいポイントですよね。

災害対策において、最も困難とされる暖房の確保を容易に行える超便利アイテム「ハンディガスヒーター ワーム2」で、有事の際に、万全の備えを行ってはみませんか?

ハンディガスヒーターワーム22

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめブログランキング様!

アクセスカウンター

  • 67145総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 16昨日の閲覧数:
  • 15今日の訪問者数:
  • 16昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

このページの先頭へ